馬プラセンタサプリ 副作用 安全性

プラセンタの副作用や安全性を知ろう!

プラセンタの効果や効能によって、美容や健康のさまざまな症状の改善が期待できるといっても、生きている動物の胎盤を使用するということは、摂取することによって起こる副作用はないのか?成分などの安全性はどうなのか?ということが気になるところですよね。

 

プラセンタには現在、人・豚・馬・羊由来のものがあり、注射やサプリメントなどで摂取する方法があります。

 

以前は、牛由来のプラセンタがプラセンタ市場を占めていましたが、狂牛病が流行したことにより現在は利用されていません。

 

最近では、プラセンタを販売しているメーカーによって独自の抽出方法が開発されていますが、どのプラセンタの有効成分を抽出するときにも共通していることは、胎盤の洗浄・殺菌処理をすることです。

 

プラセンタを製造する各工程で、胎盤・エキス・製造の検査が何度も行われて、細菌やホルモンが残っていなかなどがチェックされています。

 

今のところ、プラセンタによる重大な副作用や安全性などのは報告はありませんが、摂取するときに確認をした方がいいことを紹介します。

 

ヒトプラセンタ注射の安全性は?

人由来のヒトプラセンタは、医療機関でしか摂取することができず、厚生労働省で認可されている肝機能障害の治療で利用される「ラエンネック」、更年期障害の治療で利用される「メルスモン」の2種類があり、薬剤メーカーが契約している日本の産婦人科から胎盤が提供されています。

 

人の胎盤から有効成分が抽出されているため、身体への吸収がされやすくなじみやすいので、症状の改善に即効性を求める人にはプラセンタ注射がいいのではないでしょうか。

 

しかし、胎盤を提供してくれる人がB型・C型肝炎ウィルスやエイズなどの病原菌を持っているという可能性もあるため、プラセンタ注射を1回でも打った人はこの先献血をしてはいけないということになっています。

 

また、プラセンタの静脈注射や他の美容液が混ざっているカクテル注射や点滴は、安全性が認められていません。

 

プラセンタサプリメントの安全性は?

プラセンタサプリメントは医薬品として利用されている注射と違い、健康食品として豚・馬・羊由来のものが利用されていて、即効性はありませんが毎日継続して飲み続けることによって効果が実感できます。

 

豚プラセンタサプリメント

豚は集団で飼育されることがほとんどで、ストレスや感染症などの病気にかかりやすく、予防接種・ワクチン・抗生物質、飼料に薬を混ぜるなどの薬剤の投与がされて飼育されています。

 

そのため、抽出するときに不純物や雑菌が混ざってしまうため、その不純物などを取り除くために、胎盤に含まれているかなりの量の有効成分も破壊されてしまい、品質のよくないプラセンタが抽出されてしまいます。

 

商品として販売されるときにはきちんと不純物などが取り除かれた安全処理がされているので問題はないと考えられます。

 

豚プラセンタサプリメントで安全性や高品質なものを選ぶならば、衛生管理や飼育管理がきちんとされていて、日本SPF豚協会が設けている厳格な基準に沿った、健康な豚である「SPF豚」のサプリメントを選ぶと安心です。

 

馬プラセンタサプリメント

プラセンタサプリメントで利用されている馬の胎盤はサラブレッドのものが多く、1頭1頭の血統や飼育環境がきちんと管理されています。

 

馬は豚よりも体温が高いので寄生虫などの心配も少なく、豚に比べると馬は病気にかかりにくいため、予防接種やワクチンなどの薬剤の影響の心配がないので、胎盤から有効成分を抽出するときに不純物が混ざることがほとんどないので安心です。

 

また、サラブレッドは放牧されて飼育されているためストレスがないため、プラセンタエキスの純度が高く品質のいいプラセンタエキスが抽出されます。

 

プラセンタサプリメントのなかでは、馬由来のものが一番おすすめです。

 

羊プラセンタサプリメント

羊由来のプラセンタサプリメントは、狂牛病に似たスクレイピーという伝染病があるため、日本政府が羊の胎盤を利用することを制限しているため国内での製造はないので、輸入会社経由で購入しなければなりません。

 

病気にかかりにくと言われる羊も、予防接種やワクチンなどの薬剤の影響がなく、不純物が混ざるということがほとんどなくて品質もよく安全性も高いので、海外ではとても人気があります。

 

しかし、製造される工場は日本ではなく海外なので、日本との安全基準の違いからどこまで安全なのかがわからないので、購入するならば海外の安全基準の確認もしておくと安心なのではないでしょうか。

 

プラセンタに副作用はあるの?

プラセンタを摂取することによる重大な副作用は今のところはないのですが、プラセンタ注射の場合は医薬品として扱われているので、副作用という面で考えるとリスクは低いけれども、副作用が出る可能性はあるということです。

 

摂取を始めてから効果が出てくるまでの期間は、身体のさまざまな機能が正常に働こうとするため、生理不順になったり出血量が多くなるということがあります。

 

このような症状は、続けて摂取してしばらくすると自然に治まってきます。

 

また、プラセンタに含まれている栄養素などにアレルギー反応を起こしてしまったり、皮膚炎などを引き起こしてしまうということあるので、もともとアレルギーを持っている人は、プラセンタを摂取する前にお医者さんに相談してみましょう。

 

この他にも、プラセンタを飲み始めてしばらく間、寝不足なわけではないけど日中眠気や怠さなどの症状が出たりなどすることがありますが、これは副作用ではなく身体がプラセンタの効果によって反応している、好転反応というものなので、そのまま摂取を続けていると自然に治まります。

 

副作用に関しては、いつもと違う体調の変化がずっと続いたりする場合には、早めに病院へ行きお医者さんに相談しましょう。