馬プラセンタサプリ 効果 更年期障害

加齢とともに誰もが経験する更年期障害とは?

年齢を重ねるにつれ、なんとなく体が不調だなと感じていることもあるのではないでしょうか。

 

そして、症状が出始める同じぐらいの年齢の友人や知人との会話では健康の話題も多く出てくるため、その会話のなかで自分の体の不調が更年期障害によるものでは?と認めたくはなくても気がつくこともあります。

 

更年期障害の症状は個人差がありますが、ほとんどの女性が更年期に入り、年齢とともに衰えはじめる卵巣機能や女性ホルモンの分泌量の減少によって症状が出始めます

 

一般的には、40代半ばころになると月経異常や月経不順が始まり、50歳に入るころには閉経という人が多く、この閉経前後の10年間の期間を更年期といい、さまざまな症状が出やすくなります。

 

では、更年期障害にはどのような症状があるのでしょうか?
自分が現在更年期障害かも?と感じている人はチェックしてみてくださいね。

 

  • 突然顔がほてったりのぼせる
  • 暑くないのに大量の汗が突然出る
  • 頭痛・頭が重い
  • むくみ
  • めまい・ふらつき
  • 睡眠障害
  • 生理の周期が不順、経血量が少なくなる
  • 手足が冷えやすい
  • イライラしたり、怒りやすい
  • いつも不安な気持ちになる
  • 疲れやすく、体がだるい
  • 肩こり
  • 抜け毛や薄毛

 

など、この他にも年齢とともに体にはさまざまな症状が出てきてしまいます。

 

どうして卵巣機能の低下や女性ホルモンの分泌量は減少するの?

年齢を重ねるとともに体のさまざまな機能が衰えてきてしまうため体に不調が出てきてしまうのですが、更年期障害は女性ホルモンのバランスと大きく関係しています。

 

そして、更年期のさまざまな症状の原因である女性ホルモンの1つであるエストロゲンは、卵巣で8歳頃から分泌されどんどん増えていくのですが、卵巣機能が低下していく30代半ばをピークに、エストロゲンの分泌量はだんだんと減少していきます。

 

エストロゲンの分泌量が減少していくため、脳の下垂体は卵巣に分泌量を増やすように何度も指令を出すのですが、卵巣機能が低下しているため分泌量を増やすことができないため、脳はどうして分泌量が増えないのかと混乱してしまいます。

 

この脳の混乱が、身体のさまざまな機能の調整をしている自律神経にも伝わってしまい、自律神経のバランスまで乱れてしまうため体にさまざまな症状が出てしまうのです。

 

また、更年期障害の症状はホルモンバランスが原因だけではなく、更年期に起こる生活のリズムの変化によるものがあります

 

40代半ばを過ぎると、子供が大きくなり独立したり、夫が定年退職をしていつも家にいたり、親の介護など、今までの生活のリズムと違ってきてしまうと、その生活の変化に精神的にストレスがかかってしまったり、それ以外にも仕事のストレスや人間関係などが原因になり、更年期障害の症状が出てしまいます。

 

しかし、この更年期障害の症状は個人差があり、同じ年齢で更年期障害の症状が出ている人もいれば、それほど重い症状が出ずにすんでいる人もいます。

 

この差は、若いころからの生活習慣なども関係しています。

 

無理なダイエット・偏った食生活・不規則な生活習慣がホルモンバラスを乱す原因になっていしまうので、日ごろからの生活習慣を見直すことも必要です。

 

馬プラセンタの効果は更年期障害の症状を軽減できる?

プラセンタは、医療機関でも更年期障害の治療薬として利用されています。

 

医療機関で使用されているプラセンタは、薬剤メーカーが契約をしている産婦人科から提供される、日本人の胎盤が原料になっている、人由来のヒトプラセンタだけです。

 

厚生労働省で医薬品として認可されていて、安全性が高く注射や錠剤などで摂取することができます。

 

しかし、プラセンタ注射の場合、定期的に医療機関に通院しなければ、プラセンタの効果を持続することができません。

 

仕事をしていて通院する時間がなかなか取れなかったり、用事があるために通院できないなど、定期的に医療機関に通院することができないことがあります。

 

そのような人におすすめしたいのが、コスト面や通院をしなくてもいいという手間が省けるサプリメントです。

 

そのなかでもおすすめしたのは馬プラセンタサプリメントで、利用されている馬はサラブレッドが多く、衛生管理や育てられる環境などもしっかりと管理されているため、純度が高く品質がよい、安全性の高い馬プラセンタの成分を摂取することができるのです。

 

馬プラセンタサプリメントを毎日継続して摂取することによって、プラセンタの持つ豊富な栄養成分と、細胞を分裂させて活性化させ、細胞自体を若返らせることができる成長因子、20の薬理作用の相互効果によって、更年期障害のさまざまな症状の改善に効果が期待できます。

 

サプリメントは即効性はありませんが、毎日きちんと摂取することで更年期障害のつらい症状を軽減することができるのではないでしょうか。