馬プラセンタの効果が高血圧を正常値に戻してくれるって本当?

健康診断などの検査の結果によって、低血圧だったり高血圧などの結果がくるものの、「血圧」とはどういったものなのか詳しくは知らないという人もいるのではないでしょうか。

 

人の体のなかにはりめぐらされている血管には血液が流れており、体を正常に働かせるために必要なものを体のすみずみまで必要な場所に運んでいます。

 

血液を心臓からポンプのように血管に圧力をかけて送るときに、血管の壁が押される力のことを血圧といい、血液の量が多くなれば血管の壁が押される力が多くなって血圧が上がり、少なくなれば血圧は下がります。

 

そのため、血液を運ぶ血管の壁に汚れなどがついてしまうと血液の流れが悪くなってしまい、心臓は血液を送り出すために圧力を高くして体のすみずみまで血液を流そうとするので、血管にかかる圧力が高くなってしまい高血圧になってしまいます。

 

高血圧によって血管に圧力がずっとかかった状態になると、弾力性がなくなり血管が硬くなって血液をうまく送ることができず心臓に負担がかかってしまいます。

 

血管の壁が厚くなってしまうと、血管の内側がもろくなってしまいコレステロールが固まったコブのようなものができてしまい、血管のなかが狭くなったり、詰まったり、血液自体がドロドロになってしまいます。

 

高血圧の症状
  • 頭痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 肩こり
  • 息切れ
  • 動悸 など

 

高血圧になってしまう原因には、ストレス・肥満・自律神経の乱れ・食生活の乱れ・遺伝など、その原因は1つではありません。

 

これらの症状を放置してしまうと、動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞などの病気へのリスクが高くなってしまいます。

 

血管は40歳を過ぎたころから確実に弱り始め、本人が気がつかないうちに汚れていき、血管が詰まりかけたり、破裂しかけたりしています。

 

手遅れになる前に予防と対策をしていくことが大切です。

 

更年期のプラセンタの高血圧に対する効果とは?

更年期は女性の身体が妊娠できる年齢からできなくなる年齢である45歳〜55歳までのことをいい、40歳を過ぎるころから卵巣の機能が少しずつ衰えていき、50歳前後になると卵巣での女性ホルモンの分泌がなくなるため閉経します。

 

女性ホルモンの1つであるエストロゲンが正常に分泌されていれば病気から女性の身体を守ってくれますが、エストロゲンの分泌が激減する更年期以降は、血管に関連する病気が増えてきてしまいます。

 

エストロゲンは血管を拡張させているため若い頃が血圧が低いのですが、エストロゲンの分泌量が激減して血管がだんだんと硬くなってくると、血圧が次第に上がってきてしまい「更年期高血圧」になってしまうのです。

 

プラセンタの薬理作用のうちの1つ血圧調整作用とは?

プラセンタは身体に取り入れることで、プラセンタの特徴である成長因子の細胞の分裂や増殖を促してくれる効果によって、衰えていた卵巣の働きをサポートし、自律神経やホルモンの分泌量のバランスを整えてくれます。

 

加齢による女性ホルモンの減少による更年期障害、身体的・精神的疲労、代謝機能の低下などさまざまな症状にも効果が期待できるため、生活習慣病などを引き起こしてしまう原因になる、高血圧の予防のサポートができるのではないでしょうか。

 

プラセンタには20もの薬理作用があり、そのなかの1つに「血圧調整作用」があり、血圧が高すぎれば血圧を下げ、低すぎれば血圧を上げるといった働きをしてくれたり、自律神経を整える作用が心を落ち着かせてくれることで、血圧を正常値に戻してくれる効果が期待できます。

 

また、ホルモンバランスを整える作用では、プラセンタを摂取することによってエストロゲンの分泌量が増える効果も期待できます。

 

血圧の正常値はどのぐらい?

日本高血圧学会による「高血圧治療ガイドライン2009(JSH2009)」の高血圧の人が血圧を測るときの基準が、2014年4月に「高血圧治療ガイドライン2014(JSH2014)」で改定され、年代や性別は分けない血圧の正常値は135/85mmHg未満となりました。

 

変更となった理由として、全米の研究報告によると、「若年者や中高年の降圧目標値を低めにしても、循環器疾患の予防や死亡率が期待するほどの改善がなかったから」です。

 

しかし、この数値は統計上のことなので、病気を持っている人などはまた降圧目標値が変わってくるため、医師と相談して自分の降圧目標値を決めることが大切です。

 

病院や診療所などの診察室で測定した血圧 ⇒ 140/90mmHg以上
家庭で測定した血圧 ⇒ 135/85mmHg以上

高血圧の場合は年齢や性別、持病や、血圧を測る場所などによっても目標降圧値が変わってきます。

 

そして、このプラセンタの中でもサイトの管理人がおすすめしたいのが馬プラセンタサプリメントです。

 

馬プラセンタサプリメントで使われる馬はサラブレッドが多く、血統や飼育されている環境もきちんと管理されているので安心でき、プラセンタエキスの純度も高く、安全性や品質のよさなどでは一番おすすめできます。

 

サプリメントは即効性はありませんが、毎日飲み続けることにより安定した効果が期待できます。

 

そして、血行促進や造血、疲労回復などの働きもよくしてくれるので、低血圧や高血圧による体の不調などの症状や悩みに効果が期待できます。

 

しかし、高血圧はプラセンタの効果だけで改善されるわけではありません。

 

毎日の食生活や生活習慣なども改善することによって、プラセンタの効果が高血圧を改善していくサポートをしてくれることによって、体の内側から健康になり心と体の元気を取り戻していくことができます。

 

降圧剤よりも副作用がない馬プラセンタがおすすめ

医療機関で診察を受けたあとに処方される血圧を下げる薬は何種類かあります。

 

その人にあった薬を病院の医師に処方されますが、どの降圧剤も飲んですぐに高血圧が治るものではなく、血圧を下げるために血圧をコントロールするものなので長い期間服用することが必要になります。

 

そして、馬プラセンタも毎日摂取することで血圧をコントロールし、血圧を下げる効果が期待できます。

 

降圧剤は医薬品なので副作用というものがありますが、馬プラセンタには副作用はありません。

 

どちらも長い期間続けることで効果があるのであれば、副作用がない方を選ぶ方が安心です。

 

馬プラセンタ+サイタイエキスの効果で

高血圧を改善を期待したいなら

この馬プラセンタサプリがおすすめ!

 

プラセンタ200