馬プラセンタサプリ 効果 成長因子

老化の原因に関係している人成長ホルモンとは?

年齢とともに現れはじめる、しみやしわ、体調の変化などの老化現象は、人が成長するために必要なホルモンである人成長ホルモンが関係していることを知っていますか?

 

プラセンタを知っていくとともに「成長因子」という言葉は聞く機会があるかとは思いますが、「人成長ホルモン」とはあまり聞く機会がないのではないでしょうか。

 

人が産まれてから成長していくたびに増加していく人成長ホルモンは、細胞・皮膚・筋肉・骨などの各器官の健康を維持するために必要なホルモンです。

 

人成長ホルモンは、子供が成長していく段階でもちろん必要なホルモンですが、大人になっても肌の細胞や身体のさまざまな器官の修復や再生をするのに必要なホルモンです。

 

思春期が分泌量のピークですが、体の成長が終わる20代にはだんだんと分泌量が減少していき、50代に入るとピーク時の5分の1にまで減ってしまいます。

 

この人成長ホルモンの分泌量の減少が老化の原因になっているのです。

 

アンチエイジングのポイントである成長因子とは?

成長因子(グロースファクター)は「増殖因子」「細胞増殖因子」とも呼ばれ、細胞そのものを若返らせることができる、アンチエイジングには欠かすことができない細胞分裂を促す働きをするタンパク質の1つです。

 

人が成長していくときに必要なホルモンである人成長ホルモンを活性化させているのは、10歳までは体内で活発に作りだされている成長因子です。

 

しかし、10歳を過ぎるとだんだんと作り出される量が減少していき、20歳を過ぎる頃になると急激に減少してしまい、肌のハリがなくなってきたり、肌のターンオーバーが遅く感じたりなどの症状がみられたときが、生成量が減ってきているサインなのです。

 

最初にお話しさせていただいた人成長ホルモンの分泌量の減少と、成長因子が減少していく時期などもほとんど同じ時期ということからも、この2つの関係性が深いことがわかります。

 

人成長ホルモンの減少と成長因子の減少とともに老化現象が始まるのですが、アンチエイジングをするためには、老化の原因となってしまう人成長ホルモンを活性化しなくてはいけません。

 

そこで、この人成長ホルモンを活性化させることができるのが、プラセンタにしか含まれていない成長因子なのです。

 

プラセンタを摂取することによって、体内の細胞が活性化されて新しく生まれ変わることにより新陳代謝がよくなり、アンチエイジングなどの若返りの効果が期待できるのです。

 

プラセンタに含まれている成長因子はどんな種類があるの?

年齢とともに減少していく成長因子は、30代を過ぎるころになると生成量がさらに減少していくため、外から補うことが必要になってきます。

 

精神的にも肉体的にも、どちらの健康も維持していくためには、プラセンタの成長因子でアンチエイジングのためのケアをしましょう。

 

成長因子にはたくさんのの種類がありますが、プラセンタには一体どれだけの種類の成長因子が含まれているのでしょうか。

 

EGF(上皮細胞増殖因子)
皮膚の表面の細胞のターンオーバーが促され、肌のキメ、シミ、くすみなどが改善が期待できる。

 

FGF(線維芽細胞増殖因子)
皮膚の真皮の部分で、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンを生成し、しわやたるみなどを改善が期待できる。

 

HGF(肝細胞増殖因子)
皮膚な臓器などの傷などの細胞の増殖・修復・再生を促し、肝機能障害などの改善も期待できる。

 

NGF(神経細胞増殖因子)
自律神経やホルモンバランスを整え精神的を安定させることで、更年期障害やうつ病などの改善に効果が期待できる。

 

IGF(インスリン様成長因子)
コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を増やし、軟骨細胞・平滑筋細胞を増殖させることで、関節痛の改善などに効果が期待できる。

 

CSF(コロニー形成刺激因子)・インターロイキン
ウィルスや細菌などに対抗する白血球の幹細胞の増殖を促すことで、免疫力が上がり自然治癒力が高まって病気にかかりにくくする効果が期待できます。

 

など、プラセンタにはこれだけではなく、さまざまな健康や美容の悩みの改善に効果が期待できる成長因子をたくさん持っています。

 

プラセンタサプリメントを毎日摂取し続けることによりさまざまな効果が実感でき、本来の元気な身体を取り戻すサポートをしてくれるのです。