どうしてシミができてしまうの?

30歳後半を過ぎた頃から、鏡を見るたびに増えていくシミ…。

 

テレビ番組などの企画で、肌の奥に潜んでいるメラニンがどれだけあるのかを解析することで、隠れシミが浮き出てくるのを見たことはありませんか?

 

見た目はシミやしわがまったくと言っていいほど見当たらない若い20代の女性の肌にも、肌の奥にはメラニンがたくさん隠れています。

 

皮膚は一番上の表面から、表皮⇒真皮⇒皮下組織の順番になっており、シミができてしまう原因であるメラニンが生成されるメラノサイトは基底層にあります。

 

 

シミの種類は1つではないの?

「シミ」といっても、その種類は1つではなくいくつかの種類があります。

 

今自分にあるシミの種類がどれなのかを知って、正しいシミの対策やこれ以上のシミを増やさないようにする予防策を知っていきましょう。

 

シミの種類
  • 老人性色素班

    年齢とともに頬や手などの紫外線が当たりやすいところの肌の表面に出てきやすい

  • 炎症性色素沈着

    ニキビやケガなどによって肌が炎症を起こし跡が残ってしまうことでできる

  • そばかす

    遺伝や紫外線など、ターンオーバーが正常に働かないことによって頬や鼻に斑点ができる

  • 肝斑

    女性ホルモンのバランス、ストレス、摩擦などが原因で、左右対称の両頬にうすく茶色いしみが面になってできる

  • 脂漏性角化症

    紫外線や摩擦によって茶色のざらざらとした盛り上がっているシミができる

 

シミの原因
紫外線

シミができてしまう原因として1番に上げられるのはやはり紫外線です。

 

紫外線は皮膚の細胞のDNAを傷つけてしまうため、紫外線から細胞を守るために生成されるのがメラニンです。

 

もともと体を守るためにあるメラニンは、紫外線を浴びることによって細胞を守ろうとするため、メラノサイトからメラニンが過剰に作られてしまいます。

 

正常な皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)は28日周期で肌が生まれ変わりるため、メラニンを外に排出することができるのですが、ターンオーバーが正常に働いていないとメラニンが肌に沈着してしまいシミになってしまいます。

 

女性ホルモンのバランスの乱れ

女性ホルモンのバランスが崩れやすくなる、妊娠中・出産後・更年期などは、一時的に黒色メラニンの生成が活性化されてしまうのが肝斑です。

 

肝斑はピルを服用したことがきっかけとなり発症したり悪化してしまうこともある、女性ホルモンのバランスが影響しているシミです。

 

活性酸素

活性酸素は、他の物質を酸化させる力が強い酸素のことをいい、殺菌力が強いので体内では細菌やウィルスをやっつける役割をしています。

 

しかし、活性酸素が紫外線、ストレス、大気汚染、たばこなどによって増えすぎてしまうと、正常な細胞や遺伝子までも酸化させてしまいます。

 

体内で増えすぎてしまった活性酸素はメラノサイトを刺激するため黒色メラニンの生成を促してしまうためシミができてしまうことがあります。

 

炎症や摩擦などの刺激

傷や虫に刺されてかいてしまったりなどしたときの炎症や摩擦など、物理的な刺激によってメラノサイトが刺激されてしまい、黒色メラニンの生成を促してしまい傷跡が残ってしまいます。

 

増えてしまったシミは馬プラセンタで改善できる?

シミは若い頃にはあまり気になることがないため、ついうっかりと紫外線対策をしないで外に出て紫外線をたっぷりと浴びてしまったりすることがあります。

 

シミの大敵はやはり紫外線なので、しっかりと日ごろのUVケアや毎日の体の内側からのケアも大切になります。

 

シミやくすみのない肌でいるためには、とにかく今よりもメラニンを肌にためこまないことです。

 

ここでおすすめしたいのが、細胞自体を活性化させて若返らせる効果が期待できるプラセンタです。

 

プラセンタに含まれている、豊富な栄養素、成長因子、20もの薬理作用、これらの相互効果によって、基礎代謝が向上することでターンオーバーを活性化させることができるため、年齢などによって遅れがちになっていたターンオーバーが正常に働きます。

 

また、薬理作用のなかの1つである活性酸素除去作用によって、シミの原因となるメラニン色素を抑制してくれ、免疫力を上げる作用、抗炎症作用などによって炎症の治りもよくなるため、ケガやニキビ跡などが残りにくくなるサポートをしてくれます。

 

このような効果が期待できることから、プラセンタを摂取し続けていくことでシミが薄くなったり消えたという人もいるようです。

 

そして、いくつかの種類があるプラセンタのなかでもおすすめしたいのが、高品質・高純度・安全性が高いといわれる馬プラセンタです。

 

1年に1回の出産で1頭しか赤ちゃんを産まない馬の妊娠期間は11ヶ月と長く、その胎盤には厚みがあり、その胎盤から抽出されたプラセンタエキスには、有効成分がたっぷりと含まれています。

 

馬プラセンタサプリに使用されている馬はサラブレッドが多く、1頭1頭が飼育環境や衛生面でもしっかりと管理されているため安心して続けて摂取することができます。

 

もちろん、これ以上のシミを増やさないためにもシミへの対策は馬プラセンタサプリだけではなく、毎日のスキンケア、UVケア、生活習慣の見直しをしてシミやくすみのない美肌を目指しましょう。