馬プラセンタサプリ 効果 美容 健康

馬プラセンタの品質に大きく関わる抽出方法とは?

馬プラセンタサプリのことを調べていくと、抽出方法という言葉をよく見るのではないでしょうか?

 

馬の胎盤を使用していると聞くと、胎盤を乾燥させて粉末しているだけという気もしますが、馬の胎盤自体が臓器であって生ものなので、そのままでは雑菌などの不安があります。

 

馬プラセンタの抽出方法とは、馬の胎盤から有効成分を抽出してプラセンタエキスにするときの方法のことをいい、この抽出方法によってプラセンタエキスの栄養成分や品質が左右されると言われています。

 

最近では、馬プラセンタのメーカーによって、独自に開発している抽出方法などもあり、いかにして有効成分を残すことができるのかということが重要視されています。

 

では、馬プラセンタの抽出方法にはどのような方法があるのか、いくつか紹介したいと思います。

 

馬の胎盤から有効成分を抽出する方法とは?

■酵素分解法
熱に弱いプラセンタの成分を壊さないようにするために、低温処理をしたプラセンタの細胞壁に、酵素を使って反応させて有効成分を抽出します。
酵素の種類・温度・抽出の技術などによっても有効成分の抽出に差がでやすいのですが、プラセンタの有効成分が確実に抽出できる方法と言われています。

 

■凍結融解法
胎盤を急速に凍結させたときにできる結晶を利用して細胞壁を壊し、凍結と解凍を繰り返すことで有効成分を抽出する方法です。
簡単でコストもかからないのですが、細胞膜が壊れたときに有効成分も一緒に壊れてしまい抽出率もあまりよくないため、現在ではあまり利用されていない方法です。

 

■凍結酵素抽出法
凍結融解法で急速に凍結させ解凍させるときに壊れてしまうはずの細胞膜を、酵素分解法の酵素の力を使って有効成分を壊さないように抽出する方法です。
高純度のプラセンタエキスが抽出できますが費用や技術も必要なため、販売されるときの価格が高くなってしまいます。

 

■加水分解法
塩酸を使ってプラセンタの細胞膜を壊して有効成分を抽出する方法で、「塩酸分解法」とも呼ばれています。
タンパク質をアミノ酸のレベルにまで分解できると言われていますが、他の有効成分まで酸で分解されてしまうため、高品質な栄養成分を抽出することができません。

 

■培養細胞法
熱を加えて滅菌処理をする方法ではなく、特殊なフィルターで不純物を徹底的に摂り除くため、有効成分が壊されることなく純度の高いプラセンタが抽出されます。
抽出技術では世界特許を取得している、プラセンタ業界でトップクラスの抽出技術が必要なため費用がかかり、販売されるときの価格は高くなってしまいます。

 

■分子分画法
胎盤から特殊な目の細かいフィルターで抽出したい成分だけを高濃度に抽出され、医療機関で取り扱われているラエンネックはこの方法で抽出されています。
しかし、精度の低いフィルターを使用している場合、一部の有効成分が抽出できないため、高い抽出技術が必要なので費用がかかり、商品の価格も高くなります。

 

プラセンタエキスから粉末にする製法とは?

馬の胎盤から有効成分を抽出したあとに粉末化してプラセンタサプリメントにするための製法は2つあります。
この製造方法も馬プラセンタの品質に大きく関わってきます。

 

■フリーズドライ製法
プラセンタエキスを−30℃の冷凍機で凍らせて細かく砕き、この粒を真空中で減圧して水分や不純物を取り除いてから乾燥させます。
真空環境下では水分が水蒸気になりやすく、加熱しないためプラセンタエキスの有効成分は壊れにくく、純度が高いプラセンタサプリになります。

■スプレードライ製法
プラセンタエキスに高温の風を吹きつけて乾燥させます。
しかし、高温の風を吹きつけるため有効成分が壊れてしまうことがあったり、希釈剤であるデキストリン(炭水化物)を使用するためプラセンタの純度は低下します。
プラセンタ以外の成分が含まれていても含有量の表示義務はないため、純度が低くてもわかりにくくなっています。

 

このように、プラセンタエキスから粉末にするときの製法によって、プラセンタの純度が変わってきてしまいます

 

馬プラセンタサプリを選ぶときには、抽出方法と製法をきちんとチェックしてから購入することが大切です。